【2022年最新】ロゴス(LOGOS)おすすめキャンプ道具7選

ロゴス おすすめギア

こんにちは、カナミです。

初心者

これからキャンプ用品を揃えたいけれど、ロゴスってどうかな?

カナミ

ファミリー層には特に人気の高いメーカーです

ギアを愛してやまない筆者が、各メーカーのイチオシアイテムを紹介するシリーズ

本記事で紹介するのは、多くのファミリーキャンパーから支持されるアウトドアメーカー「ロゴス」です。

本記事の内容

  • ロゴスの魅力
  • ロゴスで揃えたいおすすめギア7選
  • 【番外編】個人的にロゴスで買って最もよかったギア

\この記事を書いた人/

本記事を書いているわたしが、アウトドアを始めたのは20代前半のころ。

それから10年以上にわたり、登山用のガレージブランドからメジャーなキャンプギアまで幅広くぬる〜くチェックし続けています。

そんな若干マニアックな視点から、おすすめアイテムをピックアップ。

今回は「ギア選びで失敗したくない初心者さん」のために、ロゴスで揃うおすすめギアを紹介します。

\当ブログおすすめ!各メーカーの失敗しないギア選びはこちらからどうぞ/

カナミ

ロゴスのちょっと個性的&楽しいギアで、キャンプに行きましょう

これからロゴスで道具選びをしたい人は、ぜひ最後まで目をとおしてくださいね。

※コールマンの道具についても知りたい人は「【2022年最新】Coleman(コールマン)おすすめキャンプギア7選」をどうぞ。

タップできる目次

ロゴスとは?個性的な魅力を知ろう

出典:

ファミリーキャンプには欠かせないメーカー「ロゴス」。

1985年にスタートした、日本のアウトドアメーカーです。

「海辺5メートルから標高800メートルまでのものづくり」を掲げ、ロゴスの製品は全てこの「海辺5メートルから標高800メートル」の範囲内で使える仕様になっています。

日本メーカーならではの細やかな気配りの感じられる製品は、子どもを持つファミリーにはとっても使いやすく考えられています。

パッと目を引く個性的なデザインは、キャンプ場での気分も高まります。

ファミリーに優しいロゴスのギアで、キャンプライフを始めましょう!

公式:

ロゴスで揃えたい!おすすめギア7選

筆者がおすすめする、ロゴスで揃えたいギアは以下の7つです。

  1. 【2ルームテント】neos PANELスクリーンドゥーブル:高コスパな広々2ルームテント
  2. 【焚き火台】LOGOS the ピラミッドTAKIBI L:何でもできそうな楽しい焚き火台
  3. 【クーラーボックス】ハイパー氷点下クーラーL:保冷力最強のクーラーバッグ
  4. 【テーブル】丸洗いアジャスターテーブルL:使い勝手バツグンな新作
  5. 【チェア】Tradcanvas ポータブルあぐらチェア:定番製品がオシャレカラーに
  6. 【保冷剤】倍速凍結・氷点下パックL:全キャンパーの必須アイテム
  7. 【着火剤】防水ファイヤーライター:手放せない使い心地

【2ルームテント】neos PANELスクリーンドゥーブル:高コスパな広々2ルームテント

ファミリーキャンプ 初心者 おすすめ 2ルームテント  ロゴス
出典:

ロゴスのおすすめテントは、2ルームテント「neos PANELスクリーンドゥーブル」です。

これからキャンプを始める初心者さんには、カンタンに設営できて居住性バツグンの2ルームテントがイチオシです。

ロゴスの「neos PANELスクリーンドゥーブル」は、ほかメーカーのテントに比べても圧倒的にコスパに優れたテント。

「とりあえず始めてみたい」と軽い気持ちでトライできる、おすすめのテントです。

カナミ

設営は最初だけ時間がかかるので、キャンプの前に1度練習していくとスムーズですよ

おすすめポイント

  • スタートセットはコスパ抜群の2ルームテント
  • タープ不要で設営カンタン!

注意点

  • 最初は設営が難しい
定員大人4人+子ども2人
本体サイズ幅300×全長630/520×高さ205cm
収納サイズ幅63×奥行23×高さ54cm
重量16.6kg
耐水圧3.000mm (フライ2.000mm)
数値はおおよそ(約)です

【焚き火台】LOGOS the ピラミッドTAKIBI L:何でもできそうな楽しい焚き火台

ロゴス おすすめ ギア 焚き火台
出典:

「LOGOS the ピラミッドTAKIBI」のサイズ展開は3つ

  • Mサイズ
  • Lサイズ
  • XLサイズ

ファミリーキャンプにおすすめは、Lサイズです。

10秒でカンタン設営。ピカピカのステンレスが美しい・・・。

ゴトク付きで、ダッチオーブンが直置きできます。

これ1台で焚き火と調理ができる製品。

串焼きプレートがつき、調理方法のバリエーションご増やせるのも楽しいポイント。

カナミ

魚やマシュマロが焼けます

別売りの豊富なオプションパーツで、カスタマイズの自由度が高い焚き火台です。

おすすめポイント

  • 堅牢な作り&高級感のある焚き火台
  • 1台でさまざまな調理と焚き火が楽しめる

注意点

  • 購入時はサイズを確認しましょう

【LOGOS the ピラミッドTAKIBI L】

サイズ39×38.5×28cm
ゴトク幅13.5cm
収納サイズ42×26.5×7.5cm
総重量3.1kg
構 成本体、焚火ゴトク(串焼きプレート付)、ワイヤーロストル、収納バッグ
主素材ステンレス、スチール、ポリエステル
数値はおおよそ(約)です

【クーラーボックス】ハイパー氷点下クーラーL:保冷力最強のクーラーバッグ

ロゴス おすすめ クーラーバッグ
出典:

サイズ展開は5つ

  • Sサイズ
  • SLサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ
  • XLサイズ

「Lサイズ」が使いやすく、1番人気です。

特に、夏のキャンプや海水浴に大活躍すること間違いなし。

下記で紹介する保冷剤「氷点下パック」と併せて使うと、アイスクリームも安心して保管できます。

プラスチックの大型クーラーボックスと比べても、バツグンの保冷力で1つあると安心ですね。

空になるとコンパクトに収納できるので、持っていて損のないアイテムです。

おすすめポイント

  • 保冷力が最強のクーラーボックス
  • 「氷点下パック」と併せて使いたい

注意点

  • 容量が、Lサイズで20Lと少し小さめです

【ハイパー氷点下クーラーL】

総重量1.5kg
容 量20L
サイズ39×30×29cm
内 寸33×26×24cm
収納サイズ39×12.5×30cm
主素材EVA、PP、PE、PVC、ナイロン
数値はおおよそ(約)です

【テーブル】丸洗いアジャスターテーブルL:使い勝手バツグンな新作

ロゴス ギア おすすめ テーブル
出典:

サイズバリエーションは2つ

  • Mサイズ
  • Lサイズ

ファミリーキャンプには、天板サイズ122cmのLサイズがおすすめ。

Mサイズは100cmもないので、デュオなど少人数に適しています。

これまでのテーブルにはなかった「無制限のアジャスター機能」で、4脚の高さがそれぞれ独立して調節できるスグレモノ。

キャンプ場の地面はほとんどが自然なので、大体デコボコしていますよね。

カナミ

そんな不安定な場所でも、テーブルがフィールドに合わせられるのでカタカタしません

水に強いアルミ素材で、汚れたときには洗剤でまるっと洗えます。

組み立てカンタン&コンパクト収納な、ロゴスの新作テーブルです。

おすすめポイント

  • 多機能で使いやすい
  • 丸洗いできて清潔に使える

注意点

  • ファミリーは「Lサイズ」を選びましょう

【丸洗いアジャスターテーブルL】

組立サイズ幅122×奥行70×高さ54~81cm
収納サイズ幅22.5×奥行14×高さ77.5cm
総重量6.5kg
耐荷重30kg
主素材[フレーム]アルミ[天板]アルミ
数値はおおよそ(約)です

【チェア】Tradcanvas ポータブルあぐらチェア:定番製品がオシャレカラーに

ロゴス ギア おすすめ チェア
出典:

ロースタイルにピッタリなロゴス定番の「あぐらチェア」。

シンプルカラーでナチュラルな雰囲気のサイトに合わせやすいです。

安定性があり、座り心地もバツグン。

カナミ

想像以上にくつろげるチェアです

頭までカバーしてくれる背もたれが、キャンプでのリラックスタイムをワンランクアップしてくれますよ!

おすすめポイント

  • 飽きのこないおしゃれなシンプルカラー
  • 座り心地◎ロースタイルにぴったり

注意点

  • 収納してもかさばるので車移動でないと厳しい・・・
サイズ幅60×奥行74×高さ91cm(座高20cm)
収納サイズ幅76×奥行20×高さ14cm
総重量3.4kg
耐荷重目安(静止荷重)120kg
主素材[フレーム]スチール[生 地]ポリエステル(PVCコーティング)
数値はおおよそ(約)です

【保冷剤】倍速凍結・氷点下パックL:全キャンパーの必須アイテム

ロゴス おすすめ ギア
出典:

サイズ

  • コンパクトサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ
  • XLサイズ

〜キャンプの朝〜

初心者

前日に冷凍庫に入れてたのに、保冷剤が固まってなかった……

キャンプでよくある失敗です。

買い出しに行ったスーパーで氷をもらってなんとか凌いだけれど、クーラーボックスは氷でパンパン!中身は溶けた水でビチャビチャ・・・。

そんな失敗を防いでくれる、超優秀な保冷剤がロゴスの「倍速凍結・氷点下パック」です。

凍結時間が約18~24時間!前日に準備しておけば、なんとか間に合います。

肝心の保冷力もバツグンで、上記の「ハイパー氷点下クーラー」と併せて使えば、アイスクリームだって11時間は保冷可能。

カナミ

今使っているクーラーボックスの保冷力に不満がある人も「倍速凍結・氷点下パック」で、保冷力がグンとアップしますよ!!

おすすめポイント

  • 魚も凍る強力な保冷力
  • 国産の安心素材で破損しても安心

注意点

  • 「氷点下パック-16℃」と間違えやすいので注意

【倍速凍結・氷点下パックL】

サイズ25.5×16.4×2.5cm
総重量900g
主成分[容器]ポリエチレン[内容物]植物性天然高分子
数値はおおよそ(約)です

【着火剤】防水ファイヤーライター:手放せない使い心地

ロゴス ギア おすすめ 着火剤
出典:

わたしがキャンプビギナーの頃から、一途に使い続けている着火剤が「防水ファイヤーライター」です。

カナミ

強力な火力とスムーズに着火できるおかげで、BBQの火起こしも失敗しません

防水性能で、保管しておいても湿気ない安心感があります。

キャンプのお供に2〜3個持っていくと、焚き火でもBBQでも着火に困ることはありません。

「防水ファイヤーライター」に慣れると、もう他の着火剤は使えない!ほどお気に入りのアイテムです。

おすすめポイント

  • 着火が楽になる強力火力とスムーズ着火がすごい
  • 防水性能で保管も安心

注意点

  • 他の着火剤が使えなくなるかも・・・
サイズ20×15×3cm
キューブサイズ4×2.5×2.5cm(1pcsあたり)
総重量350g(1pcs 約15g)
内容量21pcs
主成分パラフィン
数値はおおよそ(約)です

【番外編】個人的に買ってよかったギアは「ゆらゆらハンモックチェア」

ロゴス ギア おすすめ ゆらゆらハンモックチェア

個人的に、ロゴスで買って幸福度が上がったアイテムが「ゆらゆらハンモックチェア」

キャンプへの持ち出しはもちろん、自宅でも出しっぱなしです。

「人をダメにするソファ」としておなじみの無印「体にフィットするソファ」を置いていたスペースに置けたので、1人掛けソファのスペースがあれば部屋の中でもOKです。

一番気に入っているのが、4歳の娘。

外に遊びに行けない日もブランコ感覚で喜んで乗っているので、100回くらい「買ってよかった」と思いました。

カナミ

超・おすすめです

サイズ幅90×奥行68×高さ117cm(座高43cm)
収納サイズ幅92×奥行26×高さ20cm
総重量5.7kg
耐荷重目安(静止荷重)130kg
主素材[フレーム]スチール[生 地]ポリエステル(PVCコーティング)
数値はおおよそ(約)です

まとめ

本記事で紹介した8つのロゴスで揃うおすすめギアをまとめます。

  1. 【2ルームテント】neos PANELスクリーンドゥーブル:高コスパな広々2ルームテント
  2. 【焚き火台】LOGOS the ピラミッドTAKIBI L:何でもできそうな楽しい焚き火台
  3. 【クーラーボックス】ハイパー氷点下クーラーL:保冷力最強のクーラーバッグ
  4. 【テーブル】丸洗いアジャスターテーブルL:使い勝手バツグンな新作
  5. 【チェア】Tradcanvas ポータブルあぐらチェア:定番製品がオシャレカラーに
  6. 【保冷剤】倍速凍結・氷点下パックL:全キャンパーの必須アイテム
  7. 【着火剤】防水ファイヤーライター:手放せない使い心地

ロゴスではファミリーキャンプに最適なギアや、ちょっと変わったアイテムが見つけられます。

海外メーカーにはない、日本の気候とわたしたち日本人に適したアイテムが見つけられるでしょう。

「こんなギアがほしいな」と思ったら、ロゴスを覗いてみましょう。

きっと、長く愛用できる製品に出会えるはずです。

わたし自身、キャンプビギナーだった10年前に「間に合わせのつもりで購入したロゴスのギアが、便利で未だに手放せない」ものが複数あります。

目立つアイテムばかりでないけれど、確かな日本製のものづくりは、必ずわたしたちユーザーを満足させてくれるはずです。

今回おすすめしたロゴスの道具は、ほんの一部です。

これからのギア選びの参考にしながら、ぜひお気に入りを見つけてくださいね!

カナミ

ギア選びで迷うことも、キャンプの楽しみのひとつです!

▼ユニフレームやスノーピークなど、ロゴス以外のメーカーのおすすめギアはこちらでチェックできます

カナミ
この記事を書いた人
キャンプ・アウトドア情報メディア【ハピキャン】公式ライター

テン泊女子歴5年→ファミキャン歴5年目
パパと娘の家族3人で頑張らないキャンプしてます

女子ソロキャンパー→ママキャンパーの経験から、自分らしい「等身大キャンプ」の始め方を発信します

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

タップできる目次